1. たかしま歯科
  2. 歯のトラブル
  3. その他の症状

その他の症状

歯のトラブルでお悩みの方へ


親知らず


「親知らずは必ず抜くもの」と思っている方も多いようですが、決してそうとは限りません。  

「痛い」「将来痛くなる可能性がある」「隣の歯や周囲の組織に悪影響がある」という以外は、基本的に抜く必要はありません。  
また、気づかないうちに生えていたり、歯ぐきの中から出てこないこともあります。  
18歳ごろになって奥歯に痛みや違和感がある方は、ぜひ精密検査を受けることをおすすめします。  


親知らずを抜歯しなければならない時も、たかしま歯科では可能な限り痛みを抑える「無痛治療」を行っています。  
抜歯後も痛み止めなどを処方して、できる限り痛みを感じずに過ごしていただけるようにします。


無痛治療へのこだわりについてはこちら


歯の痛み


歯の中にある神経が刺激されることで歯の痛みが引き起こされます。  
神経が刺激される原因としては、虫歯、歯のヒビ・欠け・割れなどさまざまです。  
たかしま歯科では、まず痛みを抑える応急処置を施し、痛みが治まった後に原因に応じた治療を行います。


ヒビ・欠け・割れ治療についてはこちら


たかしま歯科では、麻酔から治療後までほとんど痛みを感じることのない「無痛治療」に取り組んでいます。
患者さんのご希望を第一に、一緒に相談しながら治療計画を立てていきますので、まずはお気軽にご相談ください。


歯のぐらつき


歯がぐらつく原因はいろいろあります。検査によって原因を特定したうえで、適切な治療を行います。


「ぶつけた」など外傷によるぐらつき


レントゲン、検査によって状態を把握して、ぐらつきを整復固定します。
外科的な手術が必要な場合は、たかしま歯科より適切な医療機関をご紹介します。


乳歯の生えかわりによるぐらつき


乳歯の生えかわり時期に歯がぐらつくことがあります。  
状態を見て、いつごろ抜けるかをお伝えします。  
ぐらつきを我慢できる場合はそのままにしておきますが、抜いてほしいというご希望があれば痛くないよう麻酔をしてから抜歯します。


歯周病による歯のぐらつき  


歯周病による歯のぐらつきの場合は、日常でも思うように硬いものが噛めなかったり、噛むと痛いという支障が出てきます。
プラークという細菌の感染拡大が起きており、歯を支える歯周組織の破壊が進んでいる状態です。
細菌を除去するために歯に付着している歯石を除去して、お家での正しいブラッシング法を続けることで、悪化を防ぐことはできます。
そして噛みにくいという機能を回復するために、残せる歯と残せない歯を検査・診断し残せない歯を抜歯したあとに機能回復のための


  1. 入れ歯
  2. ブリッジ
  3. インプラント

の3つの治療法のうち、どの方法が最適かをご提案し、治療を進めて行きます。    
   


歯周病治療について詳しくはこちら


歯が抜けた・折れた


重度の歯周病で歯が抜けた場合は、まず歯周病の治療を行います。  
痛みや腫れを伴う急性期の場合は、つらい症状を抑える処置を施して、症状が治まった後に治療を行います。  


歯周病治療について詳しくはこちら


外傷による歯の抜け・折れ


転んだ、ぶつけたなど、外傷で歯が抜けた場合は、すぐに抜けた歯を保存液または牛乳につけるなどというスピードと対処法が重要です。
救急対応してくれる歯科医院・病院に行き、レントゲンや検査によって状態を把握した後、戻せるようであれば元の位置に整復固定します。

折れた歯の面積が小さければ詰め物などで元に近い状態に戻していきます。
歯の大部分が折れてしまったら痛くないように麻酔をして抜歯することもあります。
また検査の上、外科的な手術が必要な場合は、たかしま歯科から適切な医療機関をご紹介します。


ヒビ・欠け・割れ治療についてはこちら


歯が抜けてしまった箇所は、入れ歯やインプラント、ブリッジなどで元に近い状態に戻すことが可能です。  
治療期間や費用を含め患者さんのご希望を優先しながら、一緒に治療計画を立てていきます。お気軽にご相談ください。


「歯が無い」場合の治療についてはこちら


歯のすきま


かぶせ物で改善する


詰め物やかぶせ物の大きさが合っていないため、歯と歯の間にすきまができて食べ物が挟まるような場合、詰め物やかぶせ物を入れ直すことで改善できます。
たかしま歯科では院内に歯科技工士が在籍しており、精度の高い被せ物を提供することができます。
すきまによって見た目が気になるという方も、見た目が自然なセラミック素材で、すきまを埋めることもできます(保険適用外)。


詰め物治療について詳しくはこちら


歯周病による歯のすきま  


歯周病が進行して歯にすきまができることも多くあります。その場合は歯周病の治療を先に行います。  
歯周病治療は、歯周病菌のすみかとなる歯石のクリーニングを行います。  
 
一般的な歯科医院では複数回に分けてクリーニングを行いますが、その間に菌が再繁殖する可能性があるため、たかしま歯科では通常2回〜3回程度で処置を完了します。  
 


歯周病治療について詳しくはこちら


歯ぎしり


男性・女性問わず、歯ぎしりに悩む方は多いですね。
症状に応じて、噛み合わせ・咬む力などの検査を行い対応していきます。
たかしま歯科では、歯ぎしり・噛みしめなどについて、じっくりとお話をうかがい、正しい検査を行い、ご希望に合った治療計画を立てていきますので、気になることがありましたら何でもご相談ください。


メール相談が無料でできます