1. たかしま歯科
  2. 診療科目
  3. 矯正歯科

矯正歯科

保険適用外診療


矯正歯科では、主に歯の並びが気になる方などにおいて、審美的、機能(咀嚼・嚥下・発語)的に改善をしていく治療を行います。
簡単にいえば見た目にも美しく、健康的なお口まわりにする、ということですね。

当院では部分的な矯正歯科なども行う事ができます。  

この治療は、大人と子供では異なります。  
たかしま歯科では、大人の矯正も、子供の矯正も行っております。  
なお、歯科矯正の治療は保険適用外となるため「自費診療」となります。  

矯正歯科とは、歯並びの不具合を治療することを言います。  
しかし、ただ単に見栄えを良くする為を目的として矯正するのではなく、機能(咀嚼・嚥下・発語)回復の面においても非常に重要なことです。


歯並びや噛み合わせが悪いと次のような症状が起こることがあります。


  • 良く噛めない
  • 発音に影響する
  • 歯が磨きづらく、虫歯や歯周病になりやすい
  • 顔の印象が変わる

矯正治療を行うことによって、これらの予防や抑制、回復に努めることができます。
当院では患者様の肉体的、精神的、社会的な健康の向上を目指しております。


矯正歯科の種類


子どもの矯正治療


子どもの歯が何本か残っている状態から大人の歯へと生え変わるまでの成長期間中に、理想的な骨格を目指した矯正治療を行います。適正な時期がありますので、一度早めにご来院ください。

乳歯の歯並びが乱れている場合は、取り外し可能なねじ式の矯正装置を入れて、歯並びの乱れを整えるためのスペースを確保するために、装置を利用して顎を広げるのが基本的な治療となります。


成長期のお子様は、これから生えてくる永久歯のためのスペースを拡げることで、まっすぐに歯が生え、歯並びが良くなることが多いからです。  

お子様によって成長には違いがありますので、お子様の成長に合わせて様子を見ながら行う必要があります。そのため定期的に来院していただくことになります。  

歯並びを正常にすることは、見た目だけでなく咀嚼する力、発音、虫歯や歯周病予防の向上にもつながっています。  
とくに成長期のお子様は、あごの発育に影響を及ぼす場合もありますので、早めにご相談いただくことをお勧めします。


大人の矯正治療


大人の矯正では、歯の全体に「ブラケット」という矯正装置をつけ、歯を移動させる治療を行います。
歯を支えている顎の骨や歯肉の状態が健康であれば、年齢に関係なくどなたでも治療をお受けになることができます。
ただし、ガタガタの歯並びの場合には症例にもよりますが、何本か歯を抜いて治療する場合もあります。
大人の矯正ではワイヤーとブラケットを使う、いわゆる針金をつける治療と、透明なマウスピースをつける治療があります。

これまでは針金をつける矯正治療が主流でしたが、装着時の見た目が悪かったり、ワイヤーによりお口の中を傷つけて痛みを伴ったり、しゃべりづらかったりと、少なからず負担がありました。
そんなデメリットを解消するのがマウスピースによる矯正治療です。

マウスピース式では、まず歯の型取りを行いCTスキャンにより分析をし、複数のマウスピースで矯正していきます。  
治療完了まで、どのように歯が移動して矯正されていくのかをコンピュータ上でシミュレーションできるため、治療経過もきちんと把握することができます。  
マウスピースは食事の際にははずすこともでき、透明のため見た目も気にならず、痛みもほとんどありません。  
針金式に比べると若干高価ですが、患者さんの負担は大きく軽減します。


部分矯正治療


歯並びの気になる一部分を治療します。
歯周病や虫歯の治療の為に行うこともあります。

全部の歯を矯正するのはちょっと…といった場合でも、部分矯正であれば気になる部分だけを整えることもできます。

まずは一度、歯科医師にご相談ください。


無料メール相談はこちら