1. たかしま歯科
  2. 歯のトラブル
  3. 知覚過敏

知覚過敏


たかしま歯科の「知覚過敏治療」のポイント


  1. つらい症状を最優先に治療
  2. 原因を特定するため検査→診断したのち、ご希望に沿った治療計画をご提案

つらい症状を最優先に治療


たかしま歯科では、患者さんのつらい症状を抑えるための処置を最優先で行います。  
冷たいものを飲んだとき、食事をしたときに「しみる」と感じるような症状の場合は、シュミテクト(歯磨剤)の使用を推奨します。継続して使用することにより「しみる」と感じるような症状は抑制できます。歯磨剤で症状が改善されなかった場合、歯科医院で  
症状が治まりましたら必要に応じて検査などを行って、原因を特定いたします。


虫歯か知覚過敏かしみる原因によって治療は異なります。そのため、検査が必要です。
痛みがあるときは痛みを抑える応急処置を、割れや欠けがあるときは補修を行い、必要があれば痛み止めを服用していただく、また痛くないように麻酔をかけてから治療を行うこともあります。


虫歯治療について詳しくはこちら


原因を特定、ご希望に沿った治療計画をご提案


歯周病により歯茎が下がっている場合


噛んだ時だけしみたり痛みを感じたりする場合、歯の根面の露出によって刺激が伝わりやすい状態になることが考えられます。
根面の露出が広く、刺激が強くて辛い場合はコーティングするという目的で露出部分を歯科材料などで覆う方法もあります。
ご相談ください。


歯周病治療について詳しくはこちら


歯が欠けている場合


神経が露出している欠けた部分を補うために、基本的に1、2回の通院で虫歯と同様の治療を行います。
歯が欠ける根本的な要因には、詰め物が合わない、噛み合わせが合っていない、「食いしばり」や「歯ぎしり」をするなどがあります。歯が欠けたり、割れてしまった場合は、原因を診断するための検査が必要です。それぞれの原因に合った治療をご提案いたします。


詰め物治療について詳しくはこちら

噛み合わせ矯正について詳しくはこちら


治療方法や治療期間期間について、患者さんのご希望を伺いながら一緒に考えていきます。
たかしま歯科では患者さんのご希望を第一に治療を行います。

「根本的にきちんと治療したい」「今回はとにかく症状が治まればいい」などご要望や疑問がございましたらぜひ、お話しください。
決定した治療内容や通院期間の目安などを「治療計画書」として書面でお渡ししていますので、後からゆっくり考えていただいてかまいません。