1. たかしま歯科
  2. 歯のトラブル
  3. 歯並び(噛み合わせ)

歯並び(噛み合わせ)

歯並び・噛み合わせ治療


もともとは、正常な歯並び、噛み合わせだったはずが、すこしづつ悪くなった、という場合、歯周病か、どこかの歯が無くなったことが原因の場合がほとんどです。
どちらが原因かによって、治療の方法が異なります。


歯周病が原因で歯並び、噛み合わせが悪くなっている場合の治療方法


歯周病が進むと歯の根元がゆるみ、歯に圧力がかかっても支えることができなくなります。
その結果、歯が前後に傾いたり沈んだりして、歯並びが異常になることがあります。

この場合は、歯周病の治療をすることで改善することができます。
歯周病については別のページで詳しく説明していますので、そちらもご覧ください。


歯周病について詳しくはこちら


歯が無くなった事が原因で歯並び、噛み合わせが悪くなっている場合の治療方法


虫歯や外的な圧力によって、歯が抜けたり欠けたりした場合は、欠損した箇所に空白ができます。
その空白部分に正常な歯が寄るようになり、歯並びがずれてしまうことがあります。

そういったずれが起こらないように、入れ歯などの人工歯を入れるのが、一般的です。
方法は、入れ歯、ブリッジ、インプラント3つの方法があります。


たかしま歯科では、痛い、しみるといった、つらい症状を抑える応急措置を行った後に、基本検査または精密検査・写真撮影・模型の製作を行い、患者さんの噛み合わせの状態を把握します。
原因となっているのが歯周病や以前に行った詰め物の場合などもあります。
さまざまな可能性を視野に入れて治療法をご提案し、患者さんと相談しながら最適な治療計画を立てていきます。


自覚症状がない、あるいは別のお悩みがある方が、検査によって噛み合わせが原因だったと分かることもあります。
気になる症状がありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。


歯が無い場合について詳しくはこちら