1. たかしま歯科
  2. 歯のトラブル
  3. 歯石・プラーク・黄ばみ

歯石・プラーク・黄ばみ

たかしま歯科の「歯石・プラーク・黄ばみ治療」のポイント


  1. 歯周病菌の再感染を防ぐ治療
  2. 痛くない麻酔で奥の歯石も除去
  3. ご希望に合わせたホワイトニング治療

歯周病菌の再感染を防ぐ治療


一般的な歯石を取るクリーニングは、歯ぐきの縁上と奥(縁下)を複数回に分けてきれいにしていきますが、たかしま歯科ではクリーニングを行い、2回〜3回の通院で治療が完了します。  
時間をかけると歯周病菌が再繁殖して、せっかくきれいにしたところが汚染されてしまう可能性があるからです。  
 
クリーニングでは、まず歯の表面にこびりついた歯石を超音波振動ではじき取ります。  
その後、プラークが付着しないよう専用のブラシで歯の表面をなめらかに磨いていきます。


痛くない麻酔で奥の歯石も除去


クリーニングは「痛い」と思っていらっしゃる方も多いのですが、たかしま歯科ではご希望に応じて痛くないよう麻酔をかけながら処置を行います。  

「歯医者がこわい」という方でも安心してお越しいただけます。  

歯石の状態が軽度の場合は、歯の表面(歯ぐきの上)を磨くだけですから痛みを感じることはありません。  
たかしま歯科では3~4ヶ月に一回程度の定期健診をお勧めしています。  
初めは麻酔をかけてクリーニングをしていた患者さんも、一度きれいにすると2回目からは格段に楽に処置ができるようになります。


美しく保つために、定期的な健診をお勧めしています


ご希望に合わせたホワイトニング治療


ヤニや黄ばみが気になる場合


軽度であれば専用のブラシと研磨剤で磨けば、一度でかなりキレイになります。
状態によっては、さらに専用の研磨剤を用いて研磨をします。
研磨剤の成分に含まれているハイドロキシアパタイトは歯や骨と同じ成分のため、歯の表面にある目に見えないキズや凸凹がミクロレベルで補修されて、美しい歯がよみがえります。
これらの治療はすべて保険の範囲内で行えますので、お気軽にご相談ください。


加齢・体質による歯の黄ばみが気になる場合



クリーニング後にホワイトニングを行います。
ホワイトニングは保険適用外となりますが、表面だけでな色素を分解して内側から白くきれいにすることができます。
すべて患者さんのご希望をお聞きしたうえで行いますので、「結婚式までにきれいにしたい」「できるだけ費用がかからないようにしたい」など、ご要望や疑問がありましたら、いつでも担当の医師やスタッフまでお知らせください。


審美・ホワイトニングについてはこちら