1. たかしま歯科
  2. 歯のトラブル
  3. 痛み・しみる

痛み・しみる


たかしま歯科の「歯が痛い・しみる」症状の治療ポイント


  1. つらい症状を最優先に治療
  2. 検査を行い、原因を特定。ご希望に沿った治療計画をご提案

つらい症状を最優先に治療します


たかしま歯科では、患者さんのつらい症状を抑えるための処置を最優先で行います。

冷たいものを飲んだときや、食事をしたときに「しみる」と感じるような症状であれば、まずはシュミテクト(歯磨剤)の継続的なご使用をおすすめします。
症状が治まったら必要に応じて検査などを行い、原因を特定していきます。

虫歯か知覚過敏かしみる原因によって治療は異なります。
痛みがあるときは痛みを抑える応急処置を、割れや欠けがあるときは補修を行い、必要があれば痛み止めを服用していただく、また痛くないように麻酔をかけてから治療を行うこともあります。


虫歯治療について詳しくはこちら


原因を特定、ご希望に沿った治療計画をご提案


応急処置により症状が治まりましたら、基本検査や精密検査を行い、原因を特定していきます。


虫歯の場合


歯が痛い、しみる症状の原因として最も多いのが虫歯です。
初期の虫歯なら、悪い箇所だけを削り、材料で修復して1回で治療が完了する場合があります。
神経まで虫歯菌におかされているような重度の虫歯の場合でも、たかしま歯科の「無痛治療」なら麻酔から治療後まで、ほとんど痛みを感じることはありません。

「とにかくまずは症状を抑えたい」「時間ができてから根本的に治療したい」など、患者さんのご都合を伺いながら治療計画を立てていきます。


虫歯治療について詳しくはこちら


歯にヒビが入っている場合


ものを噛んだ時にだけ、「痛い」「しみる」と感じる場合は歯にヒビが入っていると場合があります。
小さなヒビであればその箇所を接着して、それ以上の進行を抑えます。
大きなヒビ、または虫歯が進行したことによってヒビが入っている場合は、基本的に虫歯と同様の治療を行います。


ヒビ・欠け・割れの治療のついて詳しくはこちら


歯が欠けている場合


欠けた部分からは神経が露出している場合もありますので、その欠けた箇所を補うために、基本的には虫歯と同様の治療を行います。
歯が欠ける根本的な要因には、詰め物が合わない、噛み合わせが合っていない、「食いしばり」や「歯ぎしり」をするなどがあります。
それぞれの要因に合った治療をご提案いたします。場合のよっては専門の医療機関をご紹介します。


詰め物治療について詳しくはこちら


噛み合わせ矯正について詳しくはこちら


治療方法、期間については、患者様のご希望をお聞きしながら一緒に考えていきます。
たかしま歯科では患者様のご希望を第一に治療を行っていきます。
「根本的にしっかり治療したい」「今回はまず症状が治まればいい」などのご要望や疑問はご遠慮なく医師、スタッフにお話しください。

歯が欠けている多くの場合、詰め物や被せ物で治療いたします。
保険対応のものから自費治療もありますので、詳しくは料金表をご確認ください。


費用について詳しくはこちら