1. たかしま歯科
  2. お口の悩み
  3. あご

あご


たかしま歯科の「あごの治療」のポイント


  1. あごが外れた時、痛みもなく少なく戻します
  2. あごの痛み、口が開かない、音がする時、症状に応じて判断します
  3. 場合のよって、専門の医療機関をご紹介します

あごが外れた時、痛みもなく戻します


あごが脱臼して、あごが外れた状態の対処はほとんどの歯科医院で行っています。

無理に戻すと痛みを感じることがあります。
たかしま歯科では、経験豊富な歯科医師が痛みの少ない方法で元に戻すことができます。


あごの痛み、口が開かない、音がする時、外科治療を含めて根本的に治療します。


「あごが痛い」「口が開かない」「音がする」は、顎関節症の3大症状といわれ、このうち一つ以上の症状があり,鑑別診断で他の疾患がない病態を「顎関節症」といいます。  

日常的にあごをよく動かすことにより起こしやすいものと、骨格的に起こしやすいものがあります。
たかしま歯科では、それぞれに応じた治療を専門的に行います。


筋肉痛が原因の顎関節症


人前で話したり、歌を歌ったり、硬い食品をよく食べたり、管楽器を演奏したり、格闘技などをする方に多い症状です。耳の手前あたりに痛みを感じます。  
まれに歯ぎしりが原因で痛みが起きることもあります。  


噛み合わせ治療について詳しくはこちら


あごの関節に問題がある顎関節症    


口を大きく開いたとき,人差し指から薬指を並べた3本指を縦にして入りますか?    
口を大きく開け閉めした時,あごの痛みがありますか?    
口を大きく開いたとき,まっすぐに開きますか?    

干し肉、するめ、タコなど硬いものを食べるとあごや顔が痛みますか?    
顎関節症である可能性がありますので、一度、ご来院ください。