1. たかしま歯科
  2. 入れ歯の悩み解決
  3. こだわりの入れ歯作り・スピード入れ歯

こだわりの入れ歯作り・スピード入れ歯


入れ歯の悩みを解決するために、たかしま歯科がこだわっていること


型取りがきちんとできていない、もしくは噛み合わせのチェックが不十分だと、患者さまに合わない入れ歯になってしまいます。

たかしま歯科では、型取りと噛み合わせのチェックを入念に行い、理想形に近いお口の中を再現します。
あわせて、歯が無くて不便になる期間ができるだけ短くなるように、工程を短縮する治療をしています。
まず、今お使いの入れ歯をお持ちください。


  • 適正ラインを導き出す、ラインチェック(歯を入れるときの基準値になる型取りを2回行います。)
  • 噛み合わせをはじめ、見た目や発音のチェックまで、歯科医師が入念に行います。
  • 専門の歯科技工士が歯科医師と打ち合わせのもとお作りします。

スピード入れ歯・歯が無い期間をなくすこともできます


お口の状態によっては、今ある歯を抜かなければならないこともあります。
「歯が無い期間があるのはいやだ」という方もいらっしゃると思います。

たかしま歯科では抜歯前に型取りをして入れ歯を作っておき、歯を抜いた日に入れ歯をセットすることで、歯の無い期間をなくすこともできます。
歯を抜いたあとは歯ぐきの形が変わりますので後日調整が必要になりますが、歯が無い不便さを感じることはありません。


たかしま歯科の入れ歯作りのプロセス


入れ歯を作る際には、今のお口の中の状態をきちんと把握しておく必要があります。
ですから、入れ歯を作る前に残っている歯の治療をする場合もあります。
もちろん、その際はきちんとご説明します。
ご理解と納得をいただいた上でなければ、治療をすることはありませんのでご安心ください。


総入れ歯も、部分入れ歯も、見た目も含め最終的な噛み合わせ状態まできちんと設計した上で作らなければなりません。  
たとえば、残す歯の噛み合わせが合っていないという場合はそこから治療をしていかないと、最終的に不具合のない入れ歯を作ることは難しいのです。  


歯の状態によっては、抜歯が必要な場合がありますが、たかしま歯科では事前に型取りをして、入れ歯をあらかじめ作っておき、歯を抜いた日に入れることもできます。  
ご希望があれば歯が無い期間をなくすこともできますので、一度ご相談ください。


入れ歯づくりの流れ


口腔内検査(基本検査)

診断

説明・同意  

型取り1回目(本印象)

まず歯ぐきの型取りをします。
今ある歯ぐきの型を取り、入れ歯のベースとなる部分(基礎床といいます)を作るためです。

歯がなくなってしまった部分は、その箇所の骨もなくなっていますから、その厚みも考慮します。
また、唇や頬の内側は粘膜ですし、筋や筋肉もありますので、その分を考慮して不自然にならないようにライン取りをして、もとの歯ぐきの形に近い土台を作らなければならないのです。
大きめに取りすぎると唇や頬に当たりますし、小さすぎると今の歯ぐきにマッチしません。
そのため、痛みなど不快な症状が出てしまい、外れやすくなってしまうのです。

気持ちの良い笑顔ができるためにも、最初のこの工程は非常に大切です。


ラインチェック

たかしま歯科では、健康な歯があったときのお口の中、歯だけではなくお口全体を再現するために、適正なラインを探し模型に印記し専門の歯科技工士が製作して行きます。


噛み合わせのチェック

技工所で、実際の入れ歯とほぼ同じ形の「咬合床」を作ります。
患者さんにはこの咬合床を装着していただき、噛み合わせチェックをします。
たかしま歯科では、「軟化パラフィンワックス臼歯咬合法」で、チェックを行っています。
歯を想定した比較的柔らかめのワックスを使い、通常なかなか再現しづらい奥歯の噛み合わせのチェックを入念に行います。
そうすることで、人工の歯をどのくらいの大きさにしたらいいのかはもちろん、個人によって異なるそれぞれの噛み癖などを確認することができます。


噛み合わせの情報が記録された咬合床は、技工所で「咬合器」という機械によって位置の調整などを行います。  
この咬合器は、顎の骨のようなもので、実際に噛んだ状態を再現するための機械です。  
噛み合わせの高さや不具合がないかなどをチェックし、人工の歯を埋め込んでいきます。


仮入れ歯でのチェック

専門の歯科技工士が製作した仮の入れ歯を患者さんに装着していただいて、最終チェックをします。
噛み合わせ、装着時の見た目、発音をチェックします。

ベースの部分が厚かったり長かったりすると、吐き気をもよおしたり、発音に支障が出てきます。
また、埋め込んだ人工の歯の噛み合わせが悪い場合は痛みを感じたりします。
そのため、たかしま歯科では、仕上げに入る前に徹底的にチェックをします。


完成 入れ歯の装着

最終チェックで調整をした仮入れ歯を、専門の担当歯科技工士が仕上げます。
完成した入れ歯を装着していただき、すべての工程が終了です。
噛み合わせや見た目も、患者さんにぴったりの入れ歯です。

上あごのベース部分の厚み、舌やのどにあたる部分まできちんとチェックしていますので、痛みはもちろん、発音しづらい、吐き気がするといった、不快な症状もなく、ご満足いただける入れ歯に仕上がります。